石垣探訪

サイトマップ_Y6


2017平成29年02月11日 小牧山城主郭部発掘調査現地説明会

1663永禄06年 天下統一を目指す信長は稲葉山攻略のため清須からここ小牧山に居城を移した。この石垣の根石部分は主各部へ登る大手道に積まれたものの内の根石部分。根石より下の部分は岩盤を削ったままの状態でその下を大手道が通っていたという説明だが。
現代の石積みの感覚で言わせてもらええば根石部分がいかにも頼りない。実際はこの前列に犬走がありもう1列の石積みがあったのではないだろうがか? 少しでも根入があれば後部の土圧にも耐えれるように思うのだが・・・・・いや決して先生方の見解に楯突くつもりはありません。素人の浅知恵で!!

それはさておき、この石垣が信長が積んだ石垣でこの大手道を信長や秀吉や家康も通ったであろうことをそうぞうすると・・・・ロマンですね〜